小学生の頭が良くなる方法って?小学生が一番大切な時期ってほんと?

頭が良くなる方法

 

幼稚園までは、勉強といっても、文字を書くことや本を読むことでしたが、小学生になってくると、国語や算数といった教科があり、自分が得意な教科や苦手な教科もでてくるでしょう。
幼稚園ではなかった宿題や、テストなんかもでてきますよね。
テストがあることで、友達との学力の差も実感するときもあるでしょう。

 

小学生で学んだことは、中学生、高校生の勉強でも繋がってきますので、小学生のこの時期にどれだけ勉強を理解するかによって、将来の勉強にも繋がっていきます。
小学生の頭が良くなる方法をご紹介しますので、小学生の子供をお持ちのお母さん、いま小学生の方は是非参考にしてみてくださいね。


小学生の頭が良くなる方法をご紹介!大切なのは学校の授業?

頭が良くなる方法

 

頭が良くなるために、一番大切なことは、「情報を正しく認識する」ということです
インプットする情報を正しく、取捨選択して、整理し認識していくということです

 

例えば、授業で、先生が解説をしながら黒板に問題と答えを書いていきますよね
そのときに、ただノートに書き写したとしても、その情報を正しく脳で整理して認識していなければ、自分の身に付かず、まったくの無意味になってしまいます。
かといって、やみくもに理解し、記憶しようと思ってもひとりひとりの限度がありますし、活用するのは非常に困難です

 

ですので、頭が良くなる方法を記憶術にばかり目を向けるよりも、情報を整理するというところにアプローチすることが重要になります

 

やはり、重要になってくるのは日々の授業です
この時間も無駄に過ごしてしまうと、帰宅してからの補習に多くの時間がかかってしまいます。
毎回の授業に理解せずに進んでいってしまうと、授業についていくことさえ困難になってしまします。
ですので、授業のあとの補習や復習はとても大切になってきます。

 

頭が良くなる方法

 

授業を受けるにあたって一番大切なことは「ノートのとり方」です
かと言って、黒板に書いている文字をただ書き写すだけでは何も意味はありません。
理解しながらノートに書き写すということが大切になってきます。

 

そして、授業中のノートを見ながら夜予習、復習をする。
これを習慣化するだけでもかなりの効果があります。
やはり頭の良い人は、決して生まれ持った能力ではなく、見えないところで人一倍努力をしています。
みんなは遊んでいるときに頑張って努力をしています。
このことを踏まえて、是非勉強法を参考にしてみてくださいね。