幼児の頭が良くなる方法は?親の育て方で一生が決まるってほんと?

頭が良くなる方法

 

現在、小さいお子さんの子育て中のお母さん、これから子供を作ろうと考えている方、やはり気になるのは、子育ての方法ですよね。

 

健康であれば何もいらない!といえばその通りですが、やはり将来、小学生、中学生となり勉強が始まる時期になれば、少しでも優秀であってほしいというのは親心ですよね
子育てのやり方は、それぞれの家庭で様々ですが、幼児期の子育て方法によって、子供の将来が大きく変わってしまうかもしれません

 

頭の良い子に育てる方法をご紹介しますので、是非参考にしてみてくださいね。


幼児期にたくさん本を読ませると脳が活性化する?

頭が良くなる方法

 

幼児期の脳の活性化効果がある方法のひとつに「読書」があります
読書は幼児期に関わらず、小学生、中学生、何歳になっても大切なことですよね

 

毎年、小学生の夏休みの宿題に、「読書」があるくらいですから、それだけ読書というのは、脳に良い影響を与えるのです。
それは幼児期も同じで、子供が小さいうちはとにかく本がたくさんあるところに連れていくのがオススメです。

 

図書館でもショッピングモールの本屋さんでもどこでも良いので、とにかく本のある環境に連れていくことが大切です。

 

2歳、3歳になってくると、だいたいの言葉は喋れるようになりますし、「これは何?」「あれは何?」などいろんな疑問がわく時期です。
このような質問がでるということは、周囲の物事を認識し始めたという証拠です

 

頭が良くなる方法

 

ですので、この時期に本がたくさんある環境の場所につれていくことで「文字に慣れ親しんでもらう」ことで、読解力がぐんぐん伸び、そして、それと同時に知識も伸びていきます。

 

知識が増す以外にも、文字に触れることで、こどもは、本の中のできごとを想像し、また独自に創造していく力も身につけます
ですので、この時期の読書というのは、子供の今後の成長にかなりに関わってくることになります

 

現在、幼児期のお子さんの子育て中の方は、図書館に積極的に連れていくなどし、子供を本のある環境に慣れさせてあげてくださいね。